logo.gif

Editing Books etc. ——いろいろ編集します

編集実績

2010年12月

51zIv0w7plL._SL500_AA300_.jpg51zIv0w7plL._SL500_AA300_.jpg

オンラインショップや仕事のサイト……本気だからこそ人気サイトに育てたい!そういう人のための、BiND for WebLiFE*4のガイドブックです。

[2010年12月15日 店頭発売]
書籍価格/2,200円+税/単行本(B5変型判)/160ページ/オール4C/毎日コミュニケーションズ
ウェブコンポーザー・プロジェクト+アマルゴン[著] デジタルステージ[監修]

本書は「オンラインショップを作る・モノを売る」「デザインや仕掛けで魅せる(プロモーション&アピール)」「人を集める(コミュニティ作り)」の3つの切り口から、ウェブサイトの作り方や作り込み方、工夫の仕方、知っておきたい知識やノウハウをまとめました。
本の最初に基本操作の解説もまとめてありますので、BiND4をより活用したい人だけでなく、「これからBiND4でサイト作りをはじめたい!」という人でも大丈夫な内容になっています。
すでに魅力的なオンラインショップやサイトを運営しているオーナーへのインタビューや事例もちりばめてあります。これからはじめる人にとっては、実際に運営している人の生の声やノウハウがきっと役立つでしょう。

取材したBiNDユーザーの方々

BiNDとは?

ウェブ制作ツールBiND for WebLiFE*4は、サイトの「中身」にこわだりたい人が、簡単に、美しく、かつ多機能なウェブサイトを制作・運営できるソフトです。 豊富なテンプレートがあらかじめ用意されていますし、ショッピングカートや画像編集、スライドショー作成など、サイトをいろどるための機能が多数実装されています。TwitterやUstream、ブログなどをサイト内に取り込むことも簡単に行えますし、アクセス解析の機能を仕込んだり、自分のサイトを簡単にモバイル対応させる機能もあります。 個人でサイトを作っている人から、仕事関連のサイトを運営している人、ショップのホームページやオンラインショップを開いている人まで、BiND for WebLiFE*4を使えば、他のサイトとはひと味違う、自分ならではのウェブサイトを開くことができます。

目次

INTRODUCTION

1 BiNDサーバーとBiNDカートについて
2 BiNDでサイトを作ろう
3 BiNDでサイトを編集
4 ブロックエディタの基本操作1 文字の入力
5 ブロックエディタの基本操作2 画像を挿入
6 ブロックエディタの基本操作3 リンクの作成
7 プレビューとアップロード
8 覚えておきたい基本テクニック

PART 1 ショップをはじめよう

1 オンラインショップの魅力
2 オンラインショップは難しくない
3 開店するために考えておきたいあれこれ
4 ウェブページのデザインを考えよう
5 商品紹介のページを作る
6 購入ページを作る
7 そのほかの必須ページ
8 運営を開始するために
   Interview with WebComposers_1_salmiakki
9 知っておきたい法律の知識
10 顧客サポートやトラブル対策
   Interview with WebComposers_2_otogi designs
11 BiNDでステキなショップサイトを作る
12 BiNDサーバー側でショッピングカート作成の準備
13 BiND Cartで商品ページを作成
14 その他の必須ページを整える
   Great Site Guide_no.1_evoldog Cafe &B.B.Q YOKOHAMA

PART 2 魅力的なプロモーション&アピールをはじめよう

1 ビジネスを盛り上げるウェブサイト
2 ワンランク上のサイトをめざす
3 頻繁に更新したいコンテンツ
4 SNSも有効活用しよう
   Interview with WebComposers_3_奈良町 TEN.TEN.CAFE
5 グラフィック編集ソフトSiGNを活用する
6 スライドショー作成ソフトSHiFTを活用する
7 スライドショーのバリエーション
   Great Site Guide_no.2_山形まなび館
8 ショップやサイトを演出するカラーリング

PART 3 ユーザーをつなぐ! コミュニティをはじめよう

Interview with WebComposers_Special_平野友康
   Great Site Guide_no.3_てしま旅館
1 USTREAMでお客さまとのコミュニケーションを取る
2 ブログを活用してショップの情報や雰囲気を発信する
3 Twitterを組み込んでお店のアカウントをアピール
4 フォームを組み込んで利用者の声を反映する
5 アクセス解析でサイトへの来訪者の動向を調べる
6 キーワードと説明文を設定して基本的なSEO対策を施す
7 サーバー設定だけで完了 手軽にモバイル対応
8 オリジナルデザインのモバイルサイトを作成して公開
9 モバイルキャンペーンでサイトへのアクセスを誘導する

bind401_800.jpg
bind402_800.jpg
bind403_800.jpg
bind404_800.jpg

7ns_32513647.jpeg

Dreamweaverを使って、効率的にWebサイト制作をしたい人、制作全体のスピードアップを図りたい人に最適の書籍です。

[2010年11月30日 店頭発売]
書籍価格/2,709円+税/単行本(B5変型判)/304ページ/オール4C/毎日コミュニケーションズ
ウェブコンポーザー・プロジェクト+アマルゴン[著] デジタルステージ[監修]

Dreamweaverにはさまざまな機能やワザが隠されており、それを知っているかいないかで恐ろしいほど作業効率が変わります。本書では「制作環境の向上ワザ」「ドキュメント制作の便利ワザ」「CSSコーディングの便利ワザ」「コード編集の効率ワザ」「コンテンツ制作の便利ワザ」「効率アップの編集ワザ」「サイト管理&更新の便利ワザ」という7つの章に分けて、それぞれのフェーズにおいてDreamweaverを使いこなすのに必ず役立つテクニックやワザを多数紹介します。
「やりたいこと」から調べられるような構成になっていますので、見逃すことはありません。
「こんなところにこんなテクが?!」と驚くこと必至、一度知ってしまえば使わずにはいられないネタが満載で、初級者はもちろん、中級者にも満足していただける内容になっています。
また、HTML5への対応や、iPhone/iPad サイト制作のための便利な拡張機能などについても、詳細な使い方を掲載しています。

本書を活用して、ぜひDreamweaverの作業効率と時間効率を最大限に高めてください。そして、空いた時間をよりクオリティの高いデザインやコンテンツの制作に充てましょう!

DreamweaverのCS5、CS4、CS3という3つのバージョンに対応。CS5からのユーザにも、CS3からのユーザにも活用できる内容となっています。

ページの先頭へ

アバウト

アマルゴンの業務案内は、ABOUT USのページをご覧ください。

LinkIconDropBox
【オンラインファイル共有】

PCで作ったデータをiPadiPhoneで手早く閲覧したり、複数PCやMac間で作業中のデータを共有したりでき、とても便利なファイル共有システムのDropBox。登録無料2GBまで使える。クラウドサービスの代表的なサービスとも言われていますが書類やレイアウトデータのやりとりなどグループワークに大活躍します。Macにとっては日本語ファイルがだらだら長くてもウィンドウズと文字化けを気にせず共有できるのもいいところかもしれません。DropBoxのURLはこのアイコン↓

getdropbox.png

プロはやっぱりデザインプレミアム。
5月28日に、CS5が発売。